ショッピングに始まりマリンスポーツ、ゴルフ、サンセット・クルーズ、観光と何日あっても足りないハワイの休暇だが、ハワイの歴史や文化面も体験してほしい...と言うわけで、ホノルルの美術館・博物館のミニ特集。各館とも入館料が1年間無料になるメンバーシップがあるので、リピーターは特に活用することをおすすめ。
コンテンポラリー・ミュージアム ?ホノルル・アカデミー・オブ・アーツ
日本文化センター ? ビショップ・ミュージアム
ハワイ王朝最後の宮「イオラニ・パレス」

★ Bishop Museum ビショップショップミュージアム




コンテンポラリー
ミュージアム

The Contemporary Museum



マキキ・ハイツの丘の上にある旧アリス・クック・スパルディング邸を利用したこの美術館は、美しく手入れされた庭園と眺めの素晴らしさ、デイビッド・ホックニーがデザインした「恐るべき子供達」のステージ・セットが常設されていることでも知られている。カフェの営業時間は、火?土曜日11:00-15:00。日曜日12:00-15:00。
?開館時間:火?土曜日10:00-16:00。日曜日12:00-16:00。月曜日と主要祭日は休館
?入館料:大人$5。学生、シニア$3。12才以下無料。
?メンバーシップ:非居住者$20。居住者個人$45、学生$15。ギフト・ショップやカフェでのディスカウント、ニュースレターなどの特典あり。
?交通:バス15番 Makiki Heights Drive。
2411 Makiki Heights Drive. Honolulu, HI 96822
?録音案内TEL: 526-0232
?オフィスTEL: 526-1322 FAX: 536-5973
?ギフト・ショップTEL: 523-3447<BR>
コンテンポラリー・カフェTEL: 523-3362
?www.tcmhi.org

ホノルル・アカデミー
オブ・アーツ

Honolulu Academy of Arts


 本館の常設展や特別展に加えて、アートセンターの特別展やアート教室(長期)、アカデミー・シアターでの映画やレクチャーなどもおすすめ。ガーデン・カフェのランチは、火?土曜日11:30-14:00の営業。
?開館時間:火?土曜日10:00-16:30。
日曜日 13:00-17:00。月曜日と主要祭日は休館。
?入館料:大人$7。学生、シニア$4。12才以下無料。
?メンバーシップ:国際準会員個人$30。居住者個人$45、ファミリー$75。ギフト・ショップやシアターのディスカウント、ニュースレターの特典あり。
?日本語館内ツアー:毎水曜・金曜・土曜日13:00 詳細はTEL532-8726まで
?交通:バス2番。ワイキキ・トロリー。
900 South Beretania St. Honolulu, HI 96814-1495
?TEL: 532-8700 FAX: 532-8787
?レストラン TEL: 532-8734
?シアター情報 TEL: 532-8768
?www.honoluluacademy.org

?ドリス・デューク邸「シャングリラ」ツアー
イスラム文化・芸術を愛した富豪ドリス・デューク邸「シャングリラ」への美術館ツアーは、アカデミー・オブ・アーツのイスラム文化圏ギャラリーでのオリエンテーションからスタート。
催行日・出発時間:水?土 始発08:30 最終13:30
所要時間:約2時間半
参加費:アカデミーとシャングリラ間の往復交通費、アカデミー入館料を含む$25
予約・詳細:TEL532-3853、米国内フリーダイヤル1-866-385-3849 12才以下は参加不可。


日本文化センター
歴史ギャラリー


Japanese Cultural Center Historical Gallery



日本伝統文化をはじめ、日系移住者の歴史と文化を紹介する特別展示が常時開設されているほか、セミナーや多彩な文化交流の催しが予定されている。
?開館時間:火?土曜日10:00-16:00。
?入館料:大人$5、6?15才$3,5才以下無料。
?メンバーシッップ:学生$15、個人$35、家族$50(2人)、寄贈会員$125(3人)、非営利団体$200(3人)、支援会員I$250(4人),特別会員$500(5人)、特別会員II$750(7人)、インペリアル$1,000(10人)
?交通:バス4番。
2454 South Beretania Street, Honolulu, HI 96826
?TEL: 945-7633 FAX: 944-1123
?www.jcch.com


ビショップ・ミュージアム
Bishop Museum



常設のポリネシア文化の人類学、自然科学の展示に加えて家族全員で楽しめる特別展、フラや手芸教室など日替わりハワイ文化プログラム。日本語でのプラネタリウムショーは、毎日正午から。
?開館時間:毎日09:00-17:00。
?入館料:大人 $14.95。4?17才、シニア(65才以上) $11.95。3才以下無料。
メンバーシップ:個人 $30。ファミリー$40。ファミリー・プラス $55。シニア2人 $30。ギフトショップでのディスカウントやニュースレターの特典あり。
?交通:バスSchool/Middle St.行きの2番。
?ワイキキ・トロリー。
1525 Bernice Street. Honolulu, HI 96817-0916
?録音案内TEL: 847ー3511(日本語は3を選択)
?日本語専用案内 TEL: 847ー8291
?FAX: 842-4703
?www.bishop.hawaii.org


ハワイ王朝最後の宮殿

「イオラニ・パレス」

‘Iolani Palace-Official Residence of The Last Monarchs of Hawai'i









合衆国唯一の宮殿でもある現在のイオラニ・パレスが完成したのは、1882年、ハワイ王朝7代目のカラカウア王の時代である。王の死後、妹のリリウオカラニ女王が1891年に王位継承者となったが、わずか2年後の1893年に起きたクーデターによって王位を剥奪され、その2年後に宮殿正面2階の寝室に8カ月の幽閉の日々を送ることになる。イオラニ・パレスは、カラカウア王とリリウオカラニ女王が優雅な宮廷絵巻を繰り広げた舞台でもあり、カメハメハ大王がハワイ諸島を統一した1795年から98年間続いたハワイ王朝最後の日々を見取ることになった王国最後の宮殿でもある。
 その後、宮殿は臨時政府(1893~1894年)、共和国政府(1894~1898年)、アメリカ合衆国準州政府(1898~1959年) の行政ビル、そしてハワイ州が合衆国50番目の州となった1959年からは、現在の州庁ビルが隣接の敷地に完成した1969年まで州庁舎として使われていた。その後、総工費700万ドル以上と9年間の歳月をかけた復元工事が1978年に完了してからは歴史館として一般公開されていて、地下には王冠や宝石などを展示したギャラリーがある。

イオラニ・パレス一般公開時間

 開館日は主要祭日をのぞく火曜日から土曜日までの毎日。午前9時から午後2時まで、15分置きに定員20名、所要時間45分の宮殿ツアーが行なわれている。日本語のツアーは、1日1回12時半にスタート。必ず予約を入れておいて、12時までには旧宮殿兵舎にある入場券売り場で入場券を購入し、12時15分までには宮殿山手にある入場口に集合していること。予約番号はTEL 522-0832。ツアー参加料+ギャラリー入場料は、大人$20、5?12才$5。5才以下は宮殿ツアーには参加不可。車イスでのアクセスも可能なので、車イスを利用したい方は、予約時にその旨連絡しておくことをおすすめしたい。団体予約の場合は時間を指定できるが、定員は同じく20名まで。地下ギャラリーの開館時間は、火?土曜日09:00-16:00。

注意事項:カメラやテープレコーダー、携帯電話、大きな荷物の持ち込み、館内でのペンの使用、床に損傷をあたえるハイヒールの着用、タンクトップなど極端に肌を見せる服装は禁止となっている。なお、毎月第1日曜日はカマアイナ・デイとして公開されていて、ハワイ州の住民は入館無料となっている。有料だが、一般の入場ももちろん歓迎


TOPへ